積木

ワンルームマンション投資をすることで資産を増やすことが出来る

相続対策のやり方

間取り

比較的地価の高い地域などで自宅以外の不動産を所有している世帯にとっては、相続税対策は頭の痛い問題であるといえます。相続税の節税対策で一括借り上げ制度を活用してのアパート経営をお考えの場合、自分だけでなく経営を引き継ぐ予定の家族ともしっかり話し合って判断することが重要となります。

詳細へ

近年需要が増しています

男の人

賃貸保証会社は、代位弁済というシステムがあり、家賃の滞納があった時には立て替えて支払いを行ってくれます。借主にはその弁済義務が発生しますが、貸主にも借主にもメリットがあるシステムです。貸主は、家賃の滞納リスクがなくなり、借主は、保証人を探す必要がなくなるためです。

詳細へ

賃貸経営の効率化

集合住宅

賃貸経営を行う上で、ネックとなるのがその建物の維持管理や賃料の回収などの賃貸管理です。オーナー自らがある程度それらを行うことも可能ですが、戸数が増えてきたり、いつでも対応をするといった場合に難しく、多くは管理会社に委託するのが一般的です。

詳細へ

少ない資金で不動産投資

空室

老後資金に回す不動産投資

おそらく今後も続くであろう低金利の時代に、何とかして将来安心して暮らせるだけの老後資金を効率よく貯める工夫をしないとなりません。不動産投資は高収益を見込むことも可能となりますが、一般のサラリーマンのように自己資金がさほどなければ、まとまった資金をローンで準備すると、収益の回収にかなりの年月を必要とするようになってしまいます。そこで比較的始めやすい規模の不動産投資として、ワンルームマンション投資を検討しましょう。ワンルームマンション投資なら区分所有のマンションや一棟のアパートなどに比べてもかなりの少ない金額で投資をすることができます。さらに中古のワンルームマンション投資をすれば、より投資額をおさえることができます。

収益性から見た不動産投資

ワンルームマンション投資は比較的少ない金額でできる投資ですから、さほど自己資金のない場合でも十分に検討ができます。ただ事業としての収益性としては、独り暮らしを前提とした物件ですから、どうしてもファミリー層を対象とした場合よりも低くなります。またワンルームマンションが独り暮らしを前提としているからには、引っ越しの頻度も多くなり、それだけ空室になる期間も発生しやすくなってきます。手頃に投資のできる金額だからといって、ワンルームマンションの需要の少ない閑散としたエリアの物件に投資をすると、かえって空室で収益が入らないということもあります。ワンルームマンション投資は、入居者が決まりやすい物件を選ぶようにしなければ投資の効果が得られない可能性があるので、慎重に物件を選定しましょう。物件選びの際には、不動産投資に強い不動産会社が役立ちます。また、大手不動産会社の主催する投資セミナーなども勉強になるでしょう。