相続対策のやり方|ワンルームマンション投資をすることで資産を増やすことが出来る
女の人

ワンルームマンション投資をすることで資産を増やすことが出来る

相続対策のやり方

間取り

税と社会保障の一体改革の一環として、相続税の基礎控除額も以前と比べて大きく削減されています。そのため、地価の高い都市部などで自宅以外にも不動産を所有している世帯にあっては、以前にもまして早めに相続税対策を考えておくことが重要になってきているといわれています。不動産を所有している場合の有効な相続税の節税対策としては、建設資金の借り入れをしてアパート経営やマンション経営を行うという方法が広く知られています。アパート経営やマンション経営の場合は家賃収入を得ることで投資資金を回収していくこととなります。その際、賃貸物件の管理や空き室リスクが問題となりますが、長期間にわたる一括借り上げ制度を活用するケースも増えてきているといわれています。

長期間にわたる一括借り上げ制度を活用した場合、アパートのオーナーには入居者の有無にかかわらず契約したとおりの金額が安定して入ってくることとなります。一口に一括借り上げ制度といってもそれぞれの会社によって契約条件や保証金額が異なるため、一括借り上げ制度の利用にあたっては複数の会社の条件をしっかり比較することが重要となります。会社によっては一定の年数ごとに保証金額の見直しがされるケースもあります。また、相続税対策のアパート経営については、自分一代限りで終わるものではなく次の世代に経営を引き継いでいくことが前提となります。そのため、自分だけでなく引き継ぐ予定の家族の意見もしっかりと聞いたうえでアパート経営を行うべきかどうか判断するのが大切になります。